マンション・アパートのオーナー様へ

空室への対策における選択肢

既存物件の空室を改善する対応策

既存物件の空室対策
手法 メリット デメリット
家賃の値下げ 再投資が不要 入居者層の悪化=滞納率の増大
売却 賃貸経営の煩雑さからの開放 入居率に左右される売買価格
バリューアップ 募集条件を下げることなく入居率を向上 再投資が必要

物件の価値を上げ、競争力を高めるリフォームによるバリューアップが最適の対応策です。

マンション、アパートのリフォームにあたって

「最適な空室改善=収益改善」の対応策であるマンション、アパートリフォームですが、実行するまでにおさえておくべき点があります。

残債がある場合や、投資対効果が不確定だという点です。以下をご覧ください。

既存物件の空室対策

マンション、アパートのリフォームの問題点

  • 【残債がある場合、融資が行われにくい】
    新築時や他物件の借入が完済していれば問題はないかもしれませんが、借入の残債がある場合、当然ながら追加融資が行われにくくなります。
  • 【投資対効果が不確定】
    リフォームの実行前に、実行後の年間収入が確定せず、費用対効果も不確定なのが現状でした。
    つまり「リフォームはしても、空室が減るかは分からない」という大きな不安があり、リフォームが実行されるケースは多くはありませんでした。支払うリフォーム工事金額に対し、どの程度の収益アップか予想がつかないからです。

このサイトを広める